スポンサーリンク

smile-hitotsuhitotsu

『ひとつひとつ』を大切に。ナチュラルおばさんが笑顔と健康を届けます♪

布オムツで育てるメリット・デメリット

布オムツ、聞いたことはあるけど難しそう・・・

と思う人がほとんどだと思います。

 

実際に私は3人の子どもを布オムツで育ててますが、布オムツを使っているママさんに会ったことはなく、「布オムツ使っていたよー」とか「布オムツを使ったことはあるけど続かなかった」という人には会いましたが、やはり紙おむつの方が便利なので、紙おむつを使っている人がほとんどです。

そこで、布オムツのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

 

目次

布オムツのメリット

  • 肌に優しい
  • ゴミが出ない
  • 頻繁に替えるので、スキンシップになる
  • 安い

ゴミは本当に少なく、助かっています。肌に優しいので、オムツかぶれも少ないです。

安いかどうかなのですが、最初にオムツカバーや布オムツを用意するのに5,000円ほど。洗濯はいつもの洗濯に+1回程度なので、水道代もそんなに跳ね上がるほどではありません。

成長に応じて、オムツカバーの大きいサイズのものを買い足したりとするので、長い期間で布オムツを使うのであれば安いと言えると思います。

スキンシップになると書いたのですが、これは私の経験からですが、オムツを替えることが嬉しくなってくるようです。

「オムツ替えよっかー。コロンして~」

というと、寝転がって待っています。

オムツが濡れて気持ち悪いというのもあると思うのですが、お腹を触ったり、足を触ったりというのが嬉しいようです。

 

布オムツのデメリット

  • 面倒くさい
  • 洗濯がいつもの1回増える
  • 布オムツつけおきのバケツの場所をとる
  • 漏れる
  • 荷物が増えるし、外出での使用済みのオムツをどうしていいかわからない
  • いちいち畳まないとダメ

もう私は慣れましたが、これがデメリットでしょう。

まぁ、面倒ですね。

洗濯は増えるし、場所はとるし、おむつ替えの回数は増えるし、寝転がらないと替えれないし、替えなかったら漏れるし、荷物増えるし、いちいち畳まないと使えないので。

 

でも、面倒と片づけてしまってはそこまでの話。子育てって基本面倒なことばっかりやと思います。デメリットも思い方、感じ方次第ではメリットになります。

 

布オムツの本当に良いところ

布オムツのメリットとデメリットをあげさせてもらいましたが、私はもう5年くらいずっと布オムツを使っています。もちろんたまに紙オムツを使うときも。

どんなときに紙オムツを使うかというと、排便が分かるときと保育所で紙オムツで来てくださいと言われたときです。

基本外出も旅行も布オムツ。

そこまでしてなんで布オムツを使うのと聞かれますが、実は長男の子育ての時に、布オムツ育児を途中で止めたことがあります。

自分が子育てにしんどくなり、投げ出した感じでした。

それを子どもは感じていたのか、やはりコミュニケーションが下手な場面があったりします。もちろん布オムツ育児をしなかったせいではありませんが、私の中で布オムツ育児を続けなかった後悔が残りました。

布オムツ育児をして実際に感じることは、子どもたちが穏やかに育っており、のびのびしていると感じます。手前味噌ですが、「なんでそんな落ち着いてて、穏やかに育つの??」とよく聞かれ、「買い物に行っても上手に子育てしているわね」とよく言われます。

布オムツで育てることがすべてではありませんし、それが正しいとも思いません。

やはり、大切なのはスキンシップやコミュニケーションをどれだけとっているかなのかなと思います。

子育ては大変です。でも今しかないこの時間を楽しみ、大きくなってからも親子睦まじい関係を築いていきたいものです。