スポンサーリンク

smile-hitotsuhitotsu

『ひとつひとつ』を大切に。ナチュラルおばさんが笑顔と健康を届けます♪

「和食」はユネスコ無形文化遺産

日本人の伝統的な食文化である「和食」は世界遺産として、受け継がれて残されるべき財産として平成25年に認定されています。

他の世界遺産としては「歌舞伎」や「能楽」なども登録されています。

 

 では、「和食」について考えていきます。

「和食」の4つの特徴

(1)多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重

日本の国土は南北に長く、海、山、里と表情豊かな自然が広がっているため、各地で地域に根差した多様な食材が用いられています。また、素材の味わいを活かす調理技術・調理道具が発達しています。

(2)健康的な食生活を支える栄養バランス

一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿や肥満防止に役立っています。

(3)自然の美しさや季節の移ろいの表現

食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現することも特徴のひとつです。季節の花や葉などで料理を飾りつけたり、季節に合った調度品や器を利用したりして、季節感を楽しみます。

(4)正月などの年中行事との密接な関わり

日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきました。自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで、家族や地域の絆を深めてきました。

 

農林水産省 「和食」紹介リーフレット引用)

 

世界に残されるべきとして認定された「和食」

世界遺産に登録された背景には、和食の料理そのものの味というより、日本の自然や四季と寄り添い、調和してきた食文化を認められたのだと思います。

とても嬉しいことですが、「和食」は日本人から遠ざかっている食文化になりつつあるのではと考えます。実際にこのような世界遺産という形で残そうという動きが、日本人の心から失われつつある傾向にあるからではないかと考えてしまいます。

 

「和食」の4つの特徴の中にもありますが、和食は健康的な食生活を支える栄養バランスが調っている食事であります。

一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスです。動物性油脂の少ない食生活を実現しており、体にも負担の少ない食事です。

日本には醤油・味噌・酒・かつお節・納豆・豆腐・漬物といった発酵食品がありますが、これもまた日本の伝統食材たちです。

 

世界遺産に登録された「和食」。身近なはずなのに遠くなっている「和食」。

栄養バランスの崩れや不規則な食事の増加、正しい知識を持たない人の増加など様々な問題が生じ、それと同時に近年生活習慣病が増加しているのも事実です。厚生労働省の「患者調査」によると、糖尿病の患者数は過去最高の316万人というデータがあります。70歳以上で、男性は4人に1人。女性は6人に1人という割合です。

また、食品の安全を脅かす問題や食料自給率にも問題があり、主要先進国の中でも最低のレベルになっている日本。

 

食に対する関心を深めて、早急に現在の食生活について考え直す必要があると考える深刻な事態ですね。