スポンサーリンク

smile-hitotsuhitotsu

『ひとつひとつ』を大切に。ナチュラルおばさんが笑顔と健康を届けます♪

旬のものを旬の時期に食べるメリット

今日も暑かった!!

でも明日からは涼しく?寒くなるそう。

体調を崩している人も周りには多くなってきたのでは?

 

風邪予防のためにも、免疫力を高める必要がありますね!

 

目次

 

旬の食材は美味しい!!

 

なぜ旬の時期に旬のものを食べると美味しいのか?

 

答えは簡単!

旬の食材というのは、その野菜がその気候に合って生育するので、野菜の栄養価が一番高い時期に収穫ということになります。

そして、私たちの体に必要な効果をもたらしてくれます。

 

なので、一番栄養価の高い時期にとれて、私たちの体が必要としている栄養素が豊富に含まれているので、旬の食材は美味しいと感じるのですね。

 

旬のものを旬の時期に食べるメリット

旬のものは、最も栄養価が高い時期に収穫されたものということだけでもメリットがあるのですが、その季節に起こりやすいトラブルを未然に防ぐ働きを持っています。

 

例えば、今の時期の秋口は、鼻やのどの粘膜にダメージを与え、くしゃみや咳、鼻水が出やすくなります。

これは秋の渇いた空気を吸い込むことで引き起こります。

また、朝夕と冷え込むことで、毛穴が閉じて汗をかかなくなります。このことで、実は鼻や口から余分な水分を発散しようとする働きがあり、咳や痰、くしゃみを引き起こすとも言われています。

 

こうした空気の乾燥から呼吸器を守るために、秋の旬の食材が梨、栗、柿、きのこ類です。

例えば、梨は主成分の90%が水分で、のどの渇きを潤し、咳や痰を鎮める働きがあります。また、排泄を促したりと熱を冷ましたり、二日酔い解消にも有効だとか。

まさに秋の体調のトラブルに効果的な食材ですね。

 

人間も自然界の一部なので、自然のリズムに合わせて旬のものをいただくことは、健康を維持し、病気を未然に防ぐことにも繋がります。

どんどん旬のものを旬の時期に食べて、免疫力アップの健康な身体づくりをしましょう!!